言葉は成熟していくもの

みなさんは『ひとりぼっち』という言葉をどのように感じてますか?

バブル時代。クリスマスに彼氏彼女がいないと生きていけないと信じられていた時代がありましたよね。この日だけはひとりぼっちは嫌だと、急いでカップルになるという暴挙。

それから月日が過ぎ、今度は『ぼっち飯』という言葉が出てきました。春。なかなか大学になじめず、学食でひとりでご飯を食べるのが哀れだからってトイレの個室でパンやおにぎりを食べる、なんてことがニュースになったことも。

またまた月日が過ぎて、ゆとり教育が浸透してきた時代。『個性』を大切にっていう教育も浸透。子どものみならず、大人も影響を受けて『個』に価値を感じるように。あれ、『ひとり』も悪くないんじゃないかな、と思えてきた。『おひとりさま』という言葉まで生まれましたよね。

実はわたし、この『おひとりさま』という言葉が苦手です。なんというか女性だけに使われる言葉のような気がしませんか?しかもちょっと男まさりでなくてはならない、みたいな。もっと自然体、しかも軽い感じで『ひとり』を楽しみたいのに。

で、最近出てきた『ソロ活』。きたーーー!これこれ。
こんなポップな言葉を待っていました。すっごく前向きで明るくてソフトな感じ。しかもこの『ソロ活』って性別関係ないですよね?男性っていうだけで甘いものが食べにくかった方、どうぞどうぞ、ソロ活です。食べたいものを食べたい時にひとりで食べる!いいですねえ。パンケーキもフルーツサンドも美味しいですよ。

とはいえ、コロナ禍で孤独と向き合う日々。大切な人と気軽に会えなくなった日々は想像以上につらく、淋しいものですね。でも、こんな耐えがたい状況だから
『個』について考えることも多かったのも事実。
『個』を大切にするってことは自分自身を大切にすることですもんね。
自分自身を大切にできなくちゃ、周りの人を大切になんてできないもん。

『ソロ活』。みなさんは何やりたいですか?私はやっぱり旅行かなあ。ひとりのんびりホテルに泊まりたい。でも、こんな状況ではしばらく無理っぽいかなあ。
じゃあ、ソロキャンプ!なんかかっこいい。マキタの保冷温庫とマキタのコーヒーメーカー持って、さらにマキタのランタンがあれば完璧。だけど、ひとつ問題が。私、虫が苦手です。キャンプ、虫いますよね⁉︎いるよなあ、絶対いるよね。
本当はテントでのんびりするの、やってみたいんですけどね。 

Total Page Visits: 564 - Today Page Visits: 1