溝は縦がいいのか、横がいいのか

あの頃の私に言ってやりたい。
「日焼け止めクリームを塗りなさい」って。今さら紫外線の害について忠告されても
間に合わないってばっ‼︎あの頃の紫外線が私の肌の潤いをうばい、深いシワを刻んでゆく。うー、泣ける。

30年前。女子大生だった私。スキーなんてまったく興味なんてなかったのにスキーサークルに入ってしまった。そこからスキーにハマってしまい、頑張った。はい。でも、その頃って日焼け止めクリームなんてありました?毎年がっつりゴーグル焼けしちゃったよー。冷たい空気に顔をさらして、乾燥しまくりよ。

あの頃ね、顔だけしっかり焼けちゃって、49歳の現在、シワに悩む。悩んだって仕方ないけど、悩む。うむむ。そこで思い切ってちょっと高級な保湿クリームを塗る。だけど、これ、今さら効果なんてない気がするの。『笑いジワは幸せの証拠』なんて言われてるけど、そうかなあ。見るたびにガッカリするけどなあ。体はウェアを着ていたし、海に興味なかったので水着焼けなし。当然きれいです。お見せできないのが残念です。

そう、私、このブログのイラストを描いてます。自分で描いた自分の顔のイラストを見る。実は前から気づいてた。感じてた。わかってた。うーん、これはちょっと若すぎる気がする。実際、49歳の女性の現実ってどうなんでしょ。やっぱり、あの『線』を描かないとダメかしら。あの、2本の線。そう、あのタテ線。口元の線。

『ほうれい線』ってイラストに入れるべきでしょうか?迷ってます。迷いまくってます。他人の小さな子どもにたずねてみたい。「おばちゃん(私のこと)の似顔絵かいてみて」と。子どもたちは迷わず『ほうれい線』を入れるのか⁉︎うわー。怖くてそんなチャレンジできないよ!というわけで、現実逃避することに決定。しばらくは私の描く私の似顔絵には『ほうれい線』は描きません。「実物と違うじゃん」などの苦情は受け付けません。

溝を入れる電動工具、トリマー。木工の加工で絶対必要な作業ですね。それにしても、あっという間に簡単にきれいな溝ができるもんだな、などと感心しますね。『ほうれい線』もこのような評価になればいいのに。「おや、アナタのほうれい線はきれいですね」「いやいや、とんでもない。アナタもですわ」みたいな。そんなわけないか。 

Total Page Visits: 313 - Today Page Visits: 1