床材をはがすを科学する

家。これを建てたり、壊したり、全部じゃなくて一部壊したり、改装したり。そのたびにたくさんの職人さんが必要なんですね。仕事内容もたくさんあって、細分化されていて、細分化された内容それぞれにその道のプロがいる。すごいですよね。正直、こんなに細かいの⁉︎って感じてます。

床材をはがす、という仕事があります。腰を曲げる姿勢が多くて、しゃがみっぱなし。手押しのハガシ機もあるのですが、なかなか力も必要で、やはり大変な作業であることは否めない。で、登場!搭乗式ハガシ機!登場で搭乗!ちょっとダジャレも入れてみた。


搭乗式ハガシ機ライナックス5700。
これね、本当に一度使ってもらいたいです。

当社は解体業とかはつり業のお客さんが多い。若くてチカラ自慢の男の子たちがやってくる。で、重た〜い機械や工具を目の前でヤアって持ち上げてるけど50歳手前の私からすると「きゃー」って感じ。腰、腕、足、手首、背中、首。全部痛めるよ。

職人さんってアスリートと一緒。若い頃、体を大切にしないとすぐに故障しちゃう。力のある職人さんほど、のちのち腰痛持ちですね。持ち上げられちゃうから持ち上げる。で、グギっと。これは心配です。ラクできるところは、機械を使ってラクしましょうよ。

この搭乗式はがし機、想像よりも小さい。ちょっとおもちゃ感覚なんですよ。若い職人さんはもちろん、ベテランさんも楽しそうに乗ってます。「これ使っちゃうとラク覚えちゃうね」の言葉の後、「また貸してね」って言われると本当に嬉しい。


人生100年時代ですもの。ラクして何が悪いんだ。体をいたわって、これからも末永く一緒にお仕事しましょう!

Total Page Visits: 431 - Today Page Visits: 3