あなたの未来はしばれない

卒業シーズンですね。今も『卒業ソング』ってあるのでしょうか。娘の卒業式で吹奏楽部の在校生がレミオロメンの『3月9日』を演奏してくれてジーンとしましたが、その出来事もなんだかんだ5年以上前だなあ。ちなみに私の頃は斉藤由貴の『卒業』ですね。幼い感じなのに毅然として歌う姿と、卒業式で泣かない、という斬新な歌詞に新しい時代を感じたものです。みなさんの卒業の思い出ってなんですか?

わたし、卒業の思い出って特になくて、どちらかというと先の不安が大きくてそれどころではなかったんですよね。若い時って恥ずかしいくらい無知だったので、大人の言葉を間に受けてしまってたんですよ。小学生の時は「中学に行ったら大変だぞ」、中学の時は「高校はもっと大変だぞ」、大学の時は「社会人になったら甘えんな」と言われて、いつもいつも脅されているような気持ちでした。大人になるって大変だなあ、嫌だなあ、このままじゃダメなのかなあ、と心配しかなかった。

で、大人になって思う。50歳になったのではっきり言おう。大人って、おどされるほど大変でもないし、甘えることもできます。どちらかというと、大人になった方が選択肢が広がると思いますよ。会社勤めして、朝が苦手だなあと感じたら、自分の時間で働けるように会社を作ってしまってもいいし、人との距離感をとるのが上手い人は、人が多い職場を積極的に選べばよろしい。1人が好きなら1人で働ける仕事ができるような勉強をしてくださいな。職場は日本のみならず、海外だって行ってもいいんです。大人って自由なんですよ。全部自由ってわけではないけれど、子どもの時の不自由さは大人になるとかなり解消されるはず。

マキタさん、やりましたね。今度はレンジを発売しました。企画室、自由すぎませんか?このノリがうらやましいです。そうそう、マキタさんの紹介映像がシュールで面白い。リアゲートをパカっと開けると現れるマキタレンジ。作業服の職人さんがおもむろに取り出したのは…コンビニ弁当。そして、温める。普通のお昼ごはんの風景なのにキラキラしてて笑えるんですよ。

私、冷たいご飯って平気で食べちゃうんですけど、温かくないと絶対にイヤって人、かなりの人数いると思われます。みんな言わないだけで、本当はほかほかご飯しか勝たん!と、こだわっている方が日本中あふれてそう。我々は昔から『温かいお弁当を食べる』ってことに努力してきた国民性。駅弁を温める技術。手作り弁当を保温する商品の数々。どうにかして温めたいとこだわり抜いてきたではないか!マキタさんがレンジを作ろうっと、と考えたのは、歴史からみて当然の流れなのだろう。

給食はね、冷めるんですよ。だって、クラス中に配り終わるまでに時間かかるじゃないですか。中学や高校でお弁当だった方も多いですよね。子どものお弁当なんて作ってもらえるだけありがたいってなもんで、冷たいとか固いとか、文句なんて言えませんよ。文句なんて言おうものなら「はい、お母さんは一生作りません」と極端なこと言い出すに決まってるんだから。子どもは黙って食べましょう。

それでは大人になりました。レンジくらい持ち運んだっていいじゃないですか。マキタのレンジはバッテリがあればどこでも温められますよ。これぞ大人の自由です。くだらない?とんでもない、自由を勝ち取るのは大変なことなんです。大人が必死に考えて、あーだこーだ悩んで、お金もかけて商品化したんです。そして大人が大金払って購入する。温かいお弁当を食べる。これぞ大人。

大人が「社会はそんなに甘いもんじゃない」って言うじゃないですか。あれ言ってる人って、おそらく自分が耐えて頑張ってきた人生を否定されてたまるか!って感じなんだと思います。これ、私の個人的な意見です。偏見もかなり入ってます。でも、きっと図星です。ねえねえ、もういいじゃないですか。いろんな価値観があってもいいじゃないですか。だから大人のみなさん、子どもに対しておどかさないでください。大人って楽しいよ、レンジ持ち運ぶことができるんだよ、くらいなこともたまに言ってあげてください。夢を持った子どもが大人になって夢のある商品を作ってくれると、わたくしは信じております。

Total Page Visits: 466 - Today Page Visits: 1