意識高い系を目指します

防災グッズをそろえたい。
何ヶ月も前から、いや何年も前からずーっと引っかかっているんです。やらなければ、やらなければと思いつつ、できていないことのひとつです。防災に備えたい。今年こそは絶対にやるんだ!新年、固く決意したというのに、もう春ですね。はは。

いえ、やりますよ、今年は。いや、実を言うと、まったくそろえてないわけじゃないんです。4年くらい前に急に思い立ち、少しそろえたことがあるんです。なんですかね、オリンピックくらいの間隔で人って大切なことを考えるもんなんですかね?などとくだらないこと言ってないで、昔そろえた防災グッズを出してみる。じょうぶなボックスにまとめてありました。よいしょ。

これらをそろえた当時は冬だったのだろうか。防寒用のポンチョとかカイロとか、あったまる系のグッズがそろってる。トイレなどの衛生用品は抜かりないです。あとはマスクもありますね。うん?当時はまだコロナとかなかったから花粉用か、もしくは粉じん対策で準備したのかな。でね、感じたのですが、マスクの進化ってすごいんですね!おそらく、これを準備した4年前、最新のマスクをこのボックスに入れたはずなんですよね。でも、今どきのマスクと全然違う!機能うんぬんと言うよりも、はっきり言って形がダサいです。これはかっこ悪い!恥ずかしいので急いで今のものと取り替える。このダサいのはお掃除の時に使おうっと。

で、やっぱり情報を仕入れるものが少なすぎることに気づきました。災害時は情報って命なのはわかっていたと思う。いや、わかっているフリをしていたのかも知れない。私はおばさんだから、情報にうとくても仕方ないじゃん、と開き直っていたのかも知れません。新しいことって面倒だし。できればやりたくないし。頑張るのは若者で、私たちは待ってればいいとか、そんな図々しい思いもあったことは否めない。うむむ。

当社では発電機を販売しております。ウエダキコーのインスタグラムでも、たびたび登場している人気商品です。当社のお客さんは電気の通ってない現場で、電動工具を動かすのに使うって方がほとんどです。ですから、工具のパワーと発電機の能力が合ってるかどうか、騒音の厳しい現場なのか、発電機の持ち運びはどのような車なのか、などなど、ご希望に合わせて紹介することがほとんど。でも、発電機って震災でも使えるんですよ。だってその名の通り、電気が作れるんですから。電気、欲しいですよね。食糧だって冷たくすれば腐りにくいし、夜は明るくなるし、寒い時はあったかくなるし。もちろん、安定した電気が作れる発電機なら、パソコンやスマホなどの精密機器にも使えますよ。

震災時の情報収集には、やはりスマホ重要ってことに行き着いた私、モバイルバッテリを購入しました!もちろんACアダプタで充電もできるけど、乾電池でもできる優れもの。ちょっとお値段が高いってことで悩みましたが、使ってみてよかったら、娘たちにも買ってあげたい。みんな大人だから、家族が一緒ってわけではないし。それぞれの車の中に入れておくのもいいかもしれませんね。

あとは、基本の水。生命の源の水。これの確保は大変だ。重いし、どうしましょ。SNSで調べてみると、とにかく小さめな水筒を常にバッグに入れておくといいみたいです。朝、家を出る時に水筒に水を入れて会社に行く。で、帰る時会社で新しい水に取り替える。これだけで、ちょっとだけ飲める水が確保できるわけです。常に新しい水になってるので、腐ることもないし。で、行動に移すわたくし。フットワーク軽いでしょ。ドヤ顔。

これはいい。で、大学生の長女に話そうと思ったんですよ。震災に対して意識高いお母さんってカッコいいじゃないですか!ドトールでお茶してたら、長女が「手、拭くよね?」と言ってバッグからおもむろに出してきたものは……ウエットティッシュとアルコール消毒。え?いつも持ち歩いてるの?「うん、だってない時もあるしね」と。次に500㎖のジャスミン茶がドン!「のど乾いたら、すぐに飲めるように」と。いつも何かしらの飲み物は持ってるらしい。その他にもばんそうこうとか、クリームとかカイロとかマスクなどなど、出てくる出てくる。これってすごくナチュラルに防災グッズじゃないの。参りました。出直してきます。あ、でも、モバイルバッテリは買ってあげるからねっ!これはまだ持っていないことを祈ります。

Total Page Visits: 373 - Today Page Visits: 2